発毛治療

発毛治療を行うことのメリットとは

昔も今も、薄毛に悩む人は沢山います。近頃は薄毛になるメカニズムが解明されつつあり、遺伝的なものから生活習慣、病的なものまで様々なことが起因していると言われています。今までは、男性の薄毛による発毛治療が主流の傾向がありましたが、最近では、更年期を迎えた女性の発毛治療も増加の傾向にあります。かつらで薄毛をごまかしていた頃からすると、ヘアサイクルをはじめ、ホルモンバランスの影響などを踏まえた研究や治療の技術が進歩し、より効果の高い発毛治療を受けることができるようになってきたといっても過言ではありません。発毛治療を行うクリニックも増え、無料カウンセリングを設けるなど、治療への敷居の高さを下げる働きかけをしているところも多いようです。薄毛で悩む人が減る時代も目の前かもしれません。

自分に合った発毛治療を受けよう

発毛治療には、いくつか方法があります。内服薬や外用薬の他に、植毛もあります。内服薬は主にホルモンバランスを整えるためのもので、処方通りに服用しないと効果が得られないことがあるので、注意が必要です。外用薬は、頭皮の血行を促進するなどの効果があるもので、毛乳頭を刺激して発毛状態をよくするためのクリームやジェルなどがあります。頭皮への浸透をよくするため、塗布前にシャンプーで頭を洗って頭皮をきれいにする必要があります。副作用のリスクがあるため、必ず決められた分量を守らなければなりません。植毛は後頭部の毛髪を切り取り、治療部位に移植する方法で、薄毛治療の中で、最も効果が高い治療法と言われています。薬とは違って確実ともいえる高い効果がありますが、その分治療費も高くなることはいうまでもありません。

長期的な発毛治療がより高い効果を得られる

発毛治療をすることにより、まず本来の自分を取り戻したことを実感する人がほとんどのようです。今まで薄毛を気にしていたことへのストレスも払拭され、精神面でも自分自身に自信をもてるようになったという人は少なくないはずです。発毛治療は、自己流でするよりもクリニックでしっかり診断して治療する方がより確実です。治療は、個人差によって短くも長くもなるものです。また、治療箇所が多いほど治療に時間がかかることは言うまでもありません。一般的に、半年から一年かかる人が多いようですが、中には3年もかかる人もいます。例えば、内服薬の代表的なものにプロペシアがありますが、1年服用と3年服用とでは、効果の差が大きく、長年服用する方が効果を実感すると言われています。しかし費用はそれなりにかかるので、経済的に持続可能なのかは課題となると思われます。